命の講演 障害犬・太郎(タロー)

ワンコの為の実用東洋医学【ダウンロード版】 ~ 指圧マッサージで手作りアンチエイジング ~

命の講演 障害犬・太郎(タロー)

障害犬・太郎(タロー)

ビデオ音量にご注意ねがいます!



スタートボタン▶を押してください!

福岡県の宗像市というところで
生後1年の雑種犬が動物病院に運ばれました。

その犬は原因不明の病気におかされ
両耳の先と尻尾そして両足の先が
壊死していました。

安楽死も考えられたが
壊死した両足と耳、尻尾の切断で
一命をとりとめました。

両足をもぎ取られたその犬は
まるでアザラシのように身体を引きずり
健気に生き続けています。


その障害犬・太郎も今では11歳。

当初の飼主さんは亡くなったため
治療にあたった獣医師の小森さんのところで
平穏に暮らしています。

世の中いろいろあります。
簡単に自分の命を絶ってしまう人が
増えている昨今、
自分では死を選べず必死に生きる。


命は「生きている」のではなく
「生かされている」となかなか認識できません。
障害犬・太郎の姿に命の大切さを感じます。

太郎は近隣の小学校などで「命の講演」に出向いてます。

子供たちには「かわいそう」という思いだけでなく
命の大切さを感じてもらいたいものです。

そう、
あなたも「命の大切さ」を感じてください。

お役に立ちましたらランキングご協力お願いします♪
人気ブログランキンク
にほんブログ村 犬ブログへ

タグ

カテゴリー:犬ニュース