ひとりごと

愛犬との出会い

愛犬チャチャと私

愛犬チャチャと出会い早いもので7年の年月が過ぎます。

であった時のチャチャはとても臆病で手の平に乗るくらい
小さかった。

その出会いはとても偶然とは思えなかった。

「私を連れてって!!」
まるでテレパシーを送られたかのように家族全員がチャチャに
釘付けになったのです。

最初は飼うつもりなどなく単に時間つぶしの冷やかし半分で
行ったペットショップ。

今までに何度もペットショップ廻りをしていた我が家族でしたが、
初めてゲージの中から犬を出して抱いてみるという衝動にかられた
のでした。


現在に至るまでいろいろな事がありました。

お留守番の時、フェンスに前足を挟み「キャンキャン!」と
吠え叫んでいた。

子供が遊んでいた風船が割れ、間髪いれずに飲み込んだ。

全然病気知らずだったが突然の子宮蓄膿症での子宮摘出手術。
この時ばかりは身を切る思いで神に祈りました。
痛みを堪える健気な姿。
涙が出てきます。

そんなこんなで愛犬チャチャももう7歳。

老犬の部類に入る年頃です。

これからももっともっと長生きして欲しい!

そう思う近頃です。


他愛も無い独り言のような事を書きました。

これからは老齢犬について、犬の病気などに関する記事も
書いていきたいと思います。

ほんの少しでもこのサイトに来てくれたあなたのお役に立てる
情報を発信していきたいと心底思っています。

もし気に入ってくれたのでしたらお友達にも紹介していただけたら
と思います。

お付き合いいただきありがとうございます。

感謝!感謝!!


お役に立ちましたらランキングご協力お願いします♪
人気ブログランキンク
にほんブログ村 犬ブログへ

タグ

カテゴリー:ひとりごと