老犬

犬の寿命

あなたの愛犬お元気ですか?

いつの間にか時は過ぎ、あなたの愛犬も老犬になっていきます。

最近動きが悪くなってきたなぁ、と感じるところありませんか?

犬の年齢は別の記事で紹介していますが、だいたい10歳の犬だと人間にして50代半ばくらい、
15歳だと人間で70代半ばくらいだそうです。

一昔前には犬の寿命は長くて10~15年と言われていましたが、医療の改善やドッグフードの改良などにより寿命は年々伸びているようです。
つい最近では20年生きた犬の記事などもチラホラ確認できます。

ただ、統計的に見てみると純潔犬よりも雑種といわれる犬のほうが疾病などには強い傾向があるみたいです。


ところで、犬は最長何歳まで生きることが出来るのでしょうか。

記録としてあるのは、オーストラリアの「ブルーイ」と言う牧羊犬が、
1910年~1939年までの29年5月という記録がギネスブックに掲載されています。

日本での記録としては、山梨県の「甲斐クロ号」(牡)が昭和13年から昭和41年までの28年10月」の記録があります。

すごい記録で天寿を全うしていますね。

今後は老犬や犬の長生きなどに関した記事を中心に公開しようと思います。
よろしければお付き合いくださいね。

では。

カテゴリー:老犬

老犬

老犬

老犬になるとまず足腰が弱ってきます。

人間と一緒です。

では、老犬というと何歳くらいからをいうのでしょう。

一般には7歳過ぎくらいを言うようです。

小型犬では17歳くらいまでの長寿犬もいるようです。


足腰が弱ってくるとどんな問題があるかというと

今元気に散歩しているワンちゃんで排泄(おしっこ、ウンチ)を

外でさている飼い主さん。

外でする習慣があると当然雨の日でも散歩しなければいけない。

たいへんですよね。

その犬は歳をとっても外でなければ排泄できないわけです。

足腰の立たないワンちゃんを散歩させるのは大変ですよね。

平らな道であればヨチヨチ歩いてもくれるでしょうが

家に低い段差があるとダッコしてあげなければあがれないことが

あるんです。

このような場合には段差に板を渡してあげたり、毛布などで段差を

軽減してあげればよいと思います。

また、首輪やハーネスでは弱った足腰のサポートができないので

ワンタッチ胴衣などに代えてあげるといいでしょう。

ワンタッチ胴衣であれば首などに負担をかけずに身体を補助して

あげられます。


もし、老犬の散歩等でお困りでしたら参考にしていただけたら

幸いです。



ワンコの為の実用東洋医学~ 指圧マッサージで手作りアンチエイジング ~

ご参考

ターキー 愛情胴輪2 M

お役に立ちましたらランキングご協力お願いします♪
人気ブログランキンク
にほんブログ村 犬ブログへ

タグ

カテゴリー:老犬